ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページ教育・文化幼稚園・小中学校教育 > 平成29年度うるま市私立幼稚園就園奨励費補助金について

平成29年度うるま市私立幼稚園就園奨励費補助金について

最終更新日:2017年06月14日

 うるま市では、保護者の経済的負担の軽減と幼稚園教育振興に資するため、新制度に移行していない私立幼稚園(県知事認可)に通園する園児の保護者の市町村民税所得割課税額に応じて、入園料・保育料の一部を減免する就園奨励費補助事業を行っています。
 下記に該当する方は、通園している幼稚園を通して申請して下さい。
 

対象世帯

 うるま市に住所を有し、私立幼稚園(県知事認可)に3歳児、4歳児、5歳児の子どもを通園させており、以下の補助限度額の区分に該当する世帯。

 

補助限度額(補助金額)

 
 1.補助金額は、園児の父母とそれ以外の家計の主宰者である扶養義務者の、当該年度市町村民税所得割課税額の合計
   により決定します。また、住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)がある場合は、控除前の所得割課税額を 
   用いて区分を判定します。


 2.平成29年度の補助限度額については、以下のとおりです。

      ▷ 就園奨励費補助金限度額一覧 ◁

  ※就園奨励費補助金限度額一覧の区分3(第3階層)・4(第4階層)の市民税所得割課税額については、夫婦(片 
   働き)と16歳未満の子ども2人の世帯の金額となっています。
   それ以外の世帯構成の場合は「 上限額早見表 」により、課税上限額の確認をお願いします。
 
  ※市町村民税の所得割額が211,200円を超える場合であっても、19歳未満の子どもを3人以上扶養している場合は、 
   減免に該当する場合があります。

  
 

申請書類

 (1)保育料等減免措置に関する調書
 (2)平成29年度市町村民税所得課税証明書(所得と課税の両方が記載されているもの)
   ※園児と同一世帯の18歳以上の方全員分、及び17歳以下で所得のある方。ただし、単身赴任等で園児の片親、
   又は両親が園児と別世帯にある場合も証明書を提出すること。
 (3)住民票謄本(1通)
 (4)保護証明書(生活保護世帯のみ)
    


 ・(1)の様式は、通園している幼稚園から受け取って下さい。
 ・(2)の市町村民税所得課税証明書は、窓口サービス課及びうるま市各庁舎総合窓口で発行しています。
    ※平成29年1月1日にうるま市外に住所を所有していた方は、うるま市で市町村民所得課税証明書を発行する
     ことが出来ませんので、当該市町村にて発行してください。また、保護者が軍人・軍属の場合は、「W-2」       
     の提出をして下さい。
 ・(3)の住民票謄本は、窓口サービス課で発行しています。
 ・(4)の保護証明書は、うるま市役所保護課で発行しています。
              生活保護世帯は、(2)の市町村民税所得課税証明書は提出不要です。
 

支払い時期

 補助金の支払いは、幼稚園を通じて平成29年度3月中旬頃を予定しています。
 

このページはこども部 保育幼稚園課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-973-5427   FAX:098-979-7026

ページのトップへ