ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報戸籍・住民票・印鑑など外国人の方へ > 外国人登録制度の変更(平成24年7月9日より)について

外国人登録制度の変更(平成24年7月9日より)について

最終更新日:2017年03月01日

※平成24年7月9日より外国人登録制度が変更になりました

平成21年7月15日に公布されました「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」及び「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が成立しました。これにより平成24年7月9日から、現行の外国人登録は廃止となり、外国人住民においても日本人と同様に住民基本台帳制度の対象となりました。

主な変更点

外国人住民の方は住民票に登録されます。

新制度が始まると外国人住民の方も住民基本台帳の適応対象に加えられることになり、日本人と同様に住民票に登録されます。そのため外国人と日本人の混合世帯でも、世帯全員が記載されている住民票の写しが発行できます。

 

在留資格のない方や在留資格が「短期滞在」等の方(在留期限が3か月以下)は、住民登録が出来なくなります。

在留資格のない方や短期滞在の方は外国人登録の対象でしたが、新制度の対象者は適法な在留資格を持ち、且つ在留期間が3カ月を超える方のみ登録が可能となります。現在外国人登録を行っている人でも平成24年7月9日からは登録が出来なくなり、住民票(記載事項証明書)の写しの発行や印鑑登録が出来なくなります。

 

外国人登録証明書に代わり、「在留カード」または「特別永住者カード」が交付されます。

外国人登録の廃止に伴い「外国人登録証明書」に代わり「在留カード」または「特別永住者証明書」が交付されます。

※外国人登録証明書は引き続き有効ですので、すぐに切替の手続きをする必要はありません。永住者の方は3年以内に切替て下さい。非永住者の方は次のビザの申請時か登録証の切替時どちらか早い方に在留カードに切り替わります。特別永住者証明書は、特別永住者に対して交付されます。申請窓口はうるま市役所窓口サービス課(本庁)になります。

 

外国人の方も転出届が必要になります。

外国人登録制度では、外国人の方は転出届を行わずに直接転入先市町村で転入届を行うだけでしたが、新制度では転出届をして転出証明書の交付を受け、転入先市町村で転入届と共に提出する必要があります。

 

在留資格・期間の変更等の届出

在留資格の変更や更新等の手続きは、入国管理局で許可を受けた後に市役所にも届出をする必要がありましたが、新制度では入国管理局で手続きをするだけで済みますので、市役所での手続きをする必要がなくなります。

その他制度についての説明

このページは総務部 窓口サービス課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-3206   FAX:098-973-5989

ページのトップへ