ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報子育て・保育こどもの予防接種 > ヒブワクチンの予防接種

ヒブワクチンの予防接種

ワクチンの効果

ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを接種することによって、ヒブや肺炎球菌による重い感染症(細菌性髄膜炎、敗血症、菌血症、肺炎など)を予防することが期待されます。ヒブ予防接種はこれまで任意予防接種でしたが、平成25年4月より定期予防接種となりました。

※細菌性髄膜炎とは、脳を包む髄膜の奥にまで細菌が入り込んで炎症を引き起こす病気です。病気の始まりは発熱や吐き気など、風邪などと区別がつきにくく、血液検査でもあまり変化が出ません。症状が急速に悪化し、けいれんや意識障害が出て初めて診断がつくことが多く、早期の診断が大変難しい病気です。しかも薬の効果がない菌(耐性菌)が増えている為に、死亡や脳障害・難聴・精神発達遅滞等の後遺症が残ってしまうことも多くあります。細菌性髄膜炎の約8~9割は、ヒブと肺炎球菌が原因で起こります。どちらの菌に対しても有効なワクチンがありますが、どちらの菌でかかるかはわかりませんので、細菌性髄膜炎の予防には、「ヒブワクチン」と「小児用肺炎球菌ワクチン」の両方のワクチン接種がより効果的です。

標準的な接種期間

*初回接種開始時期によって、接種回数が変わります。

  1. 初回接種開始時が生後2月から生後7月に至るまでの間にある者。
    初回接種:27日(医師が必要と認めた場合には20日)から56日までの間隔をおいて3回
    追加接種:初回接種終了後7月から13月までの間隔をおいて1回。

    *ただし、初回2回目と3回目の接種は、生後12月に至るまでに接種することとし、それを超えた場合は接種は行わない。この場合、追加接種は実施可能ですが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回接種します。
    合計4回
  2. 初回接種開始時が生後7月に至った日の翌日から生後12月に至るまでの間にある者
    初回接種:27日(医師が必要と認めた場合には、20日)から56日までの間隔をおいて2回
    追加接種:初回接種終了後7月から13月までの間隔をおいて1回。

    *ただし、初回2回目の接種は、生後12月に至るまでに接種することとし、それを超えた場合は接種は行わない。この場合、追加接種は実施可能であるが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回接種します。
    合計3回
  3. 初回接種開始時が生後12月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間にある者
    1回接種

ワクチンの副反応

注射部位の症状(赤み、しこり、はれ、痛みなど)、発熱(37.5℃以上)などで、これらは通常数日以内に自然に治るので心配はいりません。重い副反応として、非常にまれですが、ショック、アナフィラキシー様症状、けいれん(熱性けいれん含む)、血小板減少性紫斑病等が海外で報告されています。

ヒブワクチンは、製造の初期段階に、ウシの成分(フランス産ウシの肝臓および肺由来成分、ヨーロッパ産ウシの乳由来成分、米国産ウシの血液および心臓由来成分)が使用されていますが、その後の精製工程を経て製品化されています。ヒブワクチンの接種によるTSE(伝達性海綿状脳症)発症の理論上のリスクは否定できないものの、ワクチン接種が原因で発症したという報告は1例もなく、接種を受けた人がTSEを発症する危険性はほとんどないと考えられています。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ