ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

予防接種とは

最終更新日:2016年12月26日

予防接種とは

麻しん(はしか)や百日せきのような感染症の原因となるウイルスや細菌、またはがつくり出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、これを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)を作ることを、予防接種といいます。「予防接種」に使う薬液のことを「ワクチン」といいます。
すべての病気に対してワクチンがつくれるわけではありません。細菌やウイルスなどの性質によってつくれないものもあります。

予防接種が必要なわけ

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する免疫は、百日せきでは生後3ヶ月までに、麻しん(はしか)では生後12ヶ月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
子どもは発育とともに外出の機会が増え、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解の下で、お子様の健康にお役立てください。

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合に間隔を守ることが必要です。

生ワクチン(MR、BCG、水ぼうそう、おたふくかぜ等)を接種した場合は、接種した翌日から数えて27日以上あける必要があります。

不活化ワクチン(ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ポリオ、4種混合、DT、日本脳炎、子宮頸がん等)を接種した場合は、接種した翌日から数えて6日間以上あける必要があります。

※各予防接種の接種間隔に注意しながら、計画を立てて接種しましょう。

※うるま市の予防接種事業費の一部に、特定防衛施設周辺整備調整交付金が充てられました。
       事業評価書(予防接種助成事業 平成23・24・25・26・年度)

予防接種の種類

予防接種の種類として、定期予防接種と任意予防接種に分けられます。
定期予防接種は法律に基づいて、市町村が実施している予防接種のことです。
任意予防接種は、接種を受ける人、または保護者が希望して受ける予防接種です。
定期予防接種には、医療機関で予約して接種する個別予防接種と、うるま市が期日、場所、時間を指定する集団接種に分かれています。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ