ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報健康・医療予防接種に関すること > 【注意】県内で風しんの患者が発生しています!(第四報)

【注意】県内で風しんの患者が発生しています!(第四報)

最終更新日:2018年11月06日


県内で新たに2名の風しん患者が確認されました。(計7名)

【妊婦の方へ】
妊娠中は予防接種を受けられません。そのため、妊婦は風しんに特に注意し、人込みを避けましょう。また、風しんの流行地へ訪問予定がある場合は、訪問延期をご検討ください。

Q.なぜ妊婦は風しんに注意しないといけないの?
A.妊婦、特に妊娠初期(約20週まで)に風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが、難聴、先天性心疾患、白内障などを発症する可能性があるためです。(先天性風しん症候群)

【妊婦のご家族の方へ】
風しんの予防接種履歴が1回以下の方は、かかりつけ医に相談し、予防接種を積極的にご検討ください。
特に30代~50代の男性は、風しんの抗体が不十分な世代だと言われています。(風しんの予防接種を受ける機会がなかったため)

【1歳のお子さん、小学校入学前のお子さんへ】
MR(麻しん・風しん)予防接種の対象者です。早めの接種をお願いします。
※接種の機会を逃した方はこちらをご覧ください。

風しん患者の発生状況について(県第四報)

 
関連ページ
厚生労働省「風しんについて」
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ