ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報国保健康保険・後期高齢者医療保険国民健康保険 > 平成30年4月から国保制度が一部変わります!

平成30年4月から国保制度が一部変わります!

最終更新日:2018年01月04日

 「継続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」が平成27年5月27日に成立しました。この法律により、平成30年度から、国民健康保険の財政運営の責任主体が都道府県になります。なお、資格の届け出、保険税のお支払いなどの窓口業務は、これまでと変わらず市町村が担います。

 変わること
○保険証(国民健康保険被保険者証)の様式が変わります。
○国保の資格の取得・喪失が都道府県単位となります。
○高額療養費の多数回該当が県単位で通算されるようになります。
 変わらないこと
○各種届出の窓口、保険証の交付、保険税の賦課・徴収はうるま市が行います。


詳しくはこちらをご覧ください↓↓
国保制度が一部変わります!

このページは市民部 国民健康保険課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-3202   FAX:098-974-6764

ページのトップへ