トップ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > ワクチン接種 > 令和5年度春開始接種(5月8日~9月19日)について※終了しました

ページID:1686

更新日:2024年1月29日

ここから本文です。

令和5年度春開始接種(5月8日~9月19日)について※終了しました

令和5年度春開始接種(令和5年5月7日から令和5年9月19日まで)は、重症者を減らすことを目的とし、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者や5歳以上の基礎疾患を有する者、医療従事者等が接種できます。

65歳以上の高齢者及び基礎疾患を有する方以外は、予防接種法上の努力義務の適用はありません

接種対象者

初回接種(1・2回目)を終了し、前回接種から3カ月以上経過した次の方が対象です。

  • 65歳以上の方
  • 5歳以上64歳以下で基礎疾患を有する方、そのほか重症化リスクが高いと医師が認める方
  • 医療機関や高齢者施設・障害者施設などの従事者

基礎疾患の種類 18歳以上の場合

1.以下の病気や状態の方で、通院または入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または、ほかの病気を併発している糖尿病・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  6. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  7. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  8. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  9. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  10. 染色体異常
  11. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  12. 睡眠時無呼吸症候群
  13. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI30の目安=身長170センチメートルで体重87キログラム、身長160センチメートルで体重77キログラム
BMIの計算式=体重を身長の二乗で割る
(注意)計算式の体重の単位はキログラム、身長の単位はメートルです。(例:身長170センチメートルの場合は1.7で計算)

基礎疾患の種類 18歳未満の場合

以下の病気や状態の方で、通院や入院している方

  1. 慢性呼吸器疾患
  2. 慢性心疾患
  3. 慢性腎疾患
  4. 神経疾患、神経筋疾患
  5. 血液疾患
  6. 糖尿病、代謝性疾患
  7. 悪性腫瘍
  8. 関節リウマチ、膠原病
  9. 内分泌疾患
  10. 消化器疾患、肝疾患など
  11. 先天性免疫不全症候群、HIV感染症、その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態
  12. その他の小児領域の疾患(高度肥満、早産児、医療的ケア児、施設入所や長期入院の児、摂食障害)

「重症化リスクが高い」と医師が認める方について

高齢の方や妊娠している方などは、重症化しやすいとされています。接種について、事前に相談できる医療機関がある人はその医療機関の医師に、相談できる医療機関がない人は、接種時の予診の場でご相談ください。

ワクチンの種類

使用するワクチンはオミクロン株対応ワクチン2価ワクチンです。

ワクチンの種類一覧
接種対象年齢 使用するワクチン
12歳以上
  • ファイザー社:コミナティRTU筋注(2価:起源株/オミクロン株BA.1 又は起源株/オミクロン株BA.4−5)
  • モデルナ社:スパイクバックス筋注(2価:起源株/オミクロン株BA.1 又は起源株/オミクロン株BA.4−5)
5歳~11歳
  • ファイザー社:コミナティ筋注5~11歳用(2価:起源株/オミクロン株BA.4−5)

武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)は従来株のワクチンですが、ファイザー社製・モデルナ社製のオミクロン株対応ワクチンを何らかの理由で接種できない方は接種可能です。(令和5年12月25日終了)

接種間隔

前回接種日から3ヵ月以上経過後
注:3ヵ月経過後とは「3ヵ月の同じ日以降」を指します。

前回接種日⇨次回接種可能日

  • 令和5年2月8日⇨令和5年5月8日
  • 令和5年3月31日⇨令和5年7月1日

ノババックスワクチンの接種を希望する場合は、前回接種日から6ヵ月以上経過後

接種券について

発送時期

令和5年4月下旬以降、順次発送予定

発送対象者

初回接種(1.2回目)を完了したすべての方

注意事項

  • 令和5年度より、以前の通知書(予診票等)は使用できません。今回届いた通知書(予診票等)を使用してください。
  • 次回接種が秋開始接種の方は、通知書(予診票等)を大切に保管し秋開始接種時に使用してください。

関連リンク一覧

厚生労働省ホームページ

首相官邸ホームページ

資料一覧

予防接種健康被害救済制度について

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
申請に必要となる手続きなどについては、うるま市コールセンター(098-923-7155)へご相談ください。

お問い合わせ先

市民生活部健康支援課

沖縄県うるま市安慶名一丁目8番1号健康福祉センター うるみん3階

電話番号:098-973-3209

ファクス番号:098-974-4040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?