ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページ市民サービスに対するご意見介護保険 > 65歳以上の方の介護保険料はどのように納めるの?

65歳以上の方の介護保険料はどのように納めるの?

 納め方は、年金を受け取っている額によって、特別徴収普通徴収の2通りに分かれます。徴収方法は、1年間で受け取る年金額によって決まるため、本人の都合で選択することはできません。

 1年間で受け取る年金額が18万円以上の方は特別徴収となり、年金から天引きになります。ただし、年度の途中で65歳になった方、他の市町村から転入してきた方、年度の途中で所得の変更があった方、現況届けの提出が遅れた方、年金を担保に借り入れを行った方、老齢福祉年金のみを受け取っている方及び1年間で受け取る年金額が18万円未満の方は普通徴収となります。

特別徴収の方

 介護保険料の年額を年金の支払い月(偶数月)、年6回に分けて天引きとなります。なお、介護保険料は市民税等の課税状況が確定する6月頃に決定する ので、4月、6月、8月(仮徴収)までは、前年度の2月と同額になります。10月、12月、2月(本徴収)の保険料は、介護保険料の年額から仮徴収した分 を差し引いた額を3回に分けて徴収します。

普通徴収の方

 保険料の年額を10回に分けて納めます。市から送付される納付書で納めますが、忙しい方やなかなか外出ができない方は、口座振替のご利用をおすすめ します。その際には、もよりの金融機関に介護保険料の納付書、通帳、通帳印を持って「口座振替依頼書」の提出が必要となります。

 40~64歳の方は、医療保険に介護保険料を上乗せして一緒に納めます。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは福祉部 介護長寿課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-973-3208   FAX:098-982-6041

ページのトップへ