ライフイベントから探す

  • 転入(市外からの引越し)
  • 転居(市内での引越し)
  • 転出(市外への引越し)
  • 婚姻
  • 妊娠・子育て
  • 出生
  • 離婚
  • 就職・退職
  • マイナンバー
  • おくやみ

トップページ市民サービスに対するご意見よくある質問(年金) > 就職しました。職場の事務担当から、基礎年金番号を聞かれましたが、わかりません。どうすればよいですか?

就職しました。職場の事務担当から、基礎年金番号を聞かれましたが、わかりません。どうすればよいですか?

 基礎年金番号は、公的年金制度に加入している方や加入したことがある方は全員が所持している番号です。番号は、年金手帳または基礎年金番号通知書で確認することができます。

年齢が20歳未満の方の場合

 就職をすると、会社からその届出を受けた社会保険事務所が、新しく基礎年金番号を付番し、年金手帳を作成して会社経由で本人に送付されます。公務員や私立学校の教職員等で共済組合に加入する方には、所属の共済組合から届出を受けて、社会保険業務センターが新しい基礎年金番号を付番した上で、基礎年金番号通知書が作成され所属の共済組合を経由して送付されます。
 なお、遺族年金の受給権者であった方には、基礎年金番号があります。

年齢が20歳以上の方の場合

 国内に居住する方は、全員が国民年金・厚生年金保険・共済組合のいずれかの年金制度に必ず加入することになっているため、20歳以上の方の場合、基本的には全員が基礎年金番号を持っています。基礎年金番号の記載された年金手帳は、20歳の誕生日の前日における住所地(住民票上)に送付されます。
 
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-3206   FAX:098-973-5989

ページのトップへ