ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報子育て・保育 > 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う児童手当の手続きについて

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う児童手当の手続きについて

最終更新日:2020年04月17日

【児童手当の認定請求の手続きは郵送で対応可能です】
新型コロナウイルス感染予防のため、児童手当の申請(認定請求、増額請求)について郵送でのお手続きを推奨いたします。お手続きに必要な書類は次のとおりです。ダウンロード可能ですので、印刷してご利用ください。

1.児童手当をうるま市へ初めて請求する場合(第一子の出生、転入等)
(1)児童手当・特例給付 認定請求書
※父・母のうち所得が高い方が請求者になります。
児童手当・特例給付認定請求書
(2)請求者の健康保険証の写し
(3)請求者名義の振込口座(普通預金)の銀行名、支店名、口座番号が確認できるものの写し
(キャッシュカードまたは通帳)
(4)請求者の本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等)
(5)児童手当・特例給付 別居監護申立書
※請求者と児童の住民票が別の場合
児童手当・特例給付別居監護申立書

2.第二子以降の出生等の場合(児童が増えた場合)
(1)児童手当・特例給付 額改定認定請求書
児童手当・特例給付額改定認定請求書
(2)請求者の本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等)
(3)児童手当・特例給付 別居監護申立書
※請求者と児童の住民票が別の場合
児童手当・特例給付別居監護申立書

【問い合わせ・送付先】
〒904-2292
沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号
うるま市役所 児童家庭課 児童係
☎098-973-4983

◎請求書をダウンロードできない場合はご連絡ください。
◎請求書が児童家庭課に届いた日を請求受付日とさせていただきますのでご留意ください。
◎児童手当は請求受付日の翌月分から支給対象となります。出生・転出予定日等の事由発生日から15日以内の請求受付日であれば、月をまたがっていても出生・転出予定日等の翌月分から支給対象となります。
新型コロナウイルス感染症の影響の理由により請求ができなくなった場合は、その理由がやんだ後15日以内に請求すれば、できなくなった日の属する月に請求があったものとみなします。
※理由の例
・新型コロナウイルス感染症に感染した場合
→感染症の治癒後、15日以内に手続き(治癒については医療機関の指示に従ってください)
・濃厚接触者と判断され保健所等から自宅待機の指示があった場合
→自宅待機の期間が解除後、15日以内に手続き(2週間の自宅待機ならば、2週間が経過した翌日から15日以内)
・緊急事態宣言がされた場合
→緊急事態宣言の終結後から15日以内に手続き
など。
◎添付書類が揃っていなくても受付可能ですので、お早めに請求書をご提出してください。後日、不足している書類をご提出してください。
◎審査の過程でほかに提出書類が必要となった場合は、後日ご提出をお願いする場合があるので、必ずご連絡先をご記入をお願いします。
◎公務員の方は職場への申請となります。勤務先へご確認ください。
◎その他ご不明な点につきましては、お問い合わせください。

このページはこども部 児童家庭課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-973-4983   FAX:098-979-7026

ページのトップへ