ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報健康・医療予防接種に関すること > 高齢者肺炎球菌予防接種について

高齢者肺炎球菌予防接種について

最終更新日:2019年04月24日

高齢者肺炎球菌予防接種の費用の一部を助成します
 ※助成対象者の方へは、平成31年3月末に個別通知を発送しました。

「高齢者の肺炎」と「肺炎球菌ワクチン」について

・「肺炎」による死亡者の約98%が65歳以上の方です。抵抗力(免疫力)が弱まった時などに感染を起こしやすく、重症化すれば死に至ることもあります。日常でかかる肺炎は、主に細菌やウイルスなどが肺に入り込んで起こる肺の炎症です。
・「肺炎球菌ワクチン」は「高齢者の肺炎」の中で最も多い「肺炎球菌」による肺炎の発病予防や、重症化を防ぐためのワクチンです。ワクチンの接種は大変効果的な予防ですが、すべての肺炎を予防できるわけではありません。日頃から、手洗い、うがい、規則正しい生活をすることを心がけましょう。

平成31年度(令和元年度)助成対象者

平成31年度(令和元年度)中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になる方

対象者 生年月日
65歳になる方 昭和29年4月2日生~昭和30年4月1日生
70歳になる方 昭和24年4月2日生~昭和25年4月1日生
75歳になる方 昭和19年4月2日生~昭和20年4月1日生
80歳になる方 昭和14年4月2日生~昭和15年4月1日生
85歳になる方 昭和9年4月2日生~昭和10年4月1日生
90歳になる方 昭和4年4月2日生~昭和5年4月1日生
95歳になる方 大正13年4月2日生~大正14年4月1日生
100歳以上になる方 大正9年4月1日以前にお生まれの方














満60歳~65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器系、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方も対象となります。(身体障害者手帳1級程度相当の障害)
※上の対象者に該当していても、過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種している方は対象外です。
※高齢者肺炎球菌予防接種は、接種を受ける義務はなく、主に個人の発病・重症化予防の目的で、本人が接種を希望
する場合に限り行うものです。

実施期間

平成31年4月1日~令和2年3月31日まで

自己負担金

4,000円(生活保護受給者は無料です)
※この金額で接種できるのは、平成31年度(令和元年度)の1回のみです。

接種方法

指定医療機関に電話などで予約を取り、予防接種を受けます。
指定医療機関の一覧については、こちらをご覧ください。
 

ワクチンの副反応について

・副反応としては、注射部位の痛み、赤み、熱感、腫れなどがありますが数日で消失します。まれに報告される重い副反応として、アナフィラキシー、血小板減少等があります。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ