ライフイベントから探す

  • 転入(市外からの引越し)
  • 転居(市内での引越し)
  • 転出(市外への引越し)
  • 婚姻
  • 妊娠・子育て
  • 出生
  • 離婚
  • 就職・退職
  • マイナンバー
  • おくやみ

トップページくらしの情報国民健康保険・後期高齢者医療保険おすすめ「ジェネリック医薬品」安い‼ > 令和3年度 うるま市国民健康保険収納対策緊急プラン

令和3年度 うるま市国民健康保険収納対策緊急プラン

最終更新日:2021年07月01日

 うるま市では「令和3年度うるま市国民健康保険収納対策緊急プラン」を作成して、国民健康保険税の未納者に対する指導を強化しています。国民健康保険税の未納がある方は、期限内に納付いただくようお願いします。(令和3年7月1日作成)

滞納状況の解消

  1. 文書送付及び広報による周知等により他保険加入者の把握に努め、早期に資格喪失届の提出を勧奨する。
  2. 納税困難世帯については、窓口相談等に際して減免及び軽減措置の周知を図り、生活保護申請が必要な状況にもかかわらず申請手続きを行っていない被保険者については、資産状況・収入状況を把握し、うるま市パーソナルサポートセンター及び保護課への早期の相談を案内する。
  3. 所得の未申告者に対し、電話等による申告勧奨を行い、保険税賦課の適正化を図る。
  4. 滞納者に対し、電話催告や一斉催告書・個別催告書の送付等を実施し、納付勧奨を行う。
  5. 短期保険証を交付することにより、滞納者との接触の機会を図り、納税指導へつなげる。
  6. 文書等の返戻が続くなど生活状況の確認ができない滞納者については、居所不明者調査を行い、不現住を確定し、職権消除等の手続きを行う。
  7. 死亡滞納者については、相続人の調査を行う。
  8. 非自発的失業者の保険税軽減措置及び新型コロナウイルス感染症の影響による減免制度等の周知を図る。

収納の充実・強化

  1. 納税等お知らせセンタ-より初期滞納者への早期接触を図り、滞納の累積を防止する。
  2. スマホアプリ決済・コンビニ収納により納税者の利便性の向上を図る。
  3. 徴収担当職員会議を定期的に行い、問題点の解決や情報共有、資質の向上を図る。
  4. 納税等指導員による納税指導を強化する。
  5. 納税等指導員会議及び勉強会を随時実施し、徴収業務の向上を図る。
  6. 広報紙・ホームページ等により安心で確実な口座振替の勧奨に努める。また、マルチペイメント(ペイジー)口座受付サービスを活用し、窓口での口座振替利用を推進する。
  7. 11月及び12月を市税等納付推進月間(国民健康保険税収納対策月間)として、集中的に収納対策に取り組む。
  8. 県や国保連合会主催の各種研修へ積極的に参加し、職員の資質の向上を図る。

滞納処分の実施

  1. 滞納者が転出した場合は、その転出者の転出先住所での居住を確認するとともに、転出者の財産調査を行う。
  2. 1年以上の長期滞納者については、前住地・本籍地も含め財産調査を行う。
  3. 納税課と連携して調査・捜索・公売等を実施する。
  4. 滞納者に対しては、預貯金、給与、軍用地料等の債権及び動産・不動産等の差押え、車両のタイヤロックやミラーズロックを実施する。
  5. 実態調査・財産調査等で滞納者の状況や担税力の有無を確認し、滞納処分の執行停止を検討する。

 

ページのトップへ