ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報国保健康保険・後期高齢者医療保険国民健康保険 > 柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

柔道整復師による治療には、健康保険の対象となる場合とならない場合があります。

1.健康保険の対象となる場合

 急性などの外傷性の打撲・捻挫・および挫傷(肉離れなど)・骨折・脱臼
 ※骨折・脱臼については、医師の同意が必要です(応急措置を除く)

2.健康保険の対象とならない場合

 ・日常生活やスポーツ等での筋肉疲労
 ・慰安目的のあん摩・マッサージ代がわりの利用
 ・病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)からくる痛み・こり
 ・脳疾患後遺症などの慢性病
 ・過去の交通事故等による後遺症
 ・症状の改善の見られない長期の療養
 ・医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急措置を除く)
 ・病院、診療所で同じ負傷等の治療中

⑴治療が長引く場合は一度医師の診断を受けましょう
  長期間治療を受けても快方に向かわない場合は、内科的要因も考えられますので、一度医師の診断を受けましょう。

⑵「ついでに他の部分も」とか「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受診は支給対象外です。
 

3.柔道整復師にかかる場合の注意事項

⑴負傷の原因を正しく伝えましょう
  何が原因で負傷したのかをきちんと話しましょう。外傷性の負傷では、ない場合や負傷原因が労災被害に該当する
 場合又は、通勤途中に起こった負傷では国民健康保険は使えません。
 また、交通事故等による第三者行為に該当する場合は、国民健康保険課へ連絡をしてください。

⑵ご注意ください!!
  上記、健康保険の対象外受診や、労働災害、通勤途中の負傷、または、第三者行為による負傷時に整骨院、接骨院を
 受診した場合、その治療費の全額または一部を自己負担していただきます。
 その場合、後日接骨院から請求されるか、もしくは国民健康保険課から請求させていただくことになります。

4.療養費支給申請書の内容をよく確認し、必ず自分で記入しましょう

 「療養費支給申請書」は、受診者が柔道整復師に委任をし、本人に代わって治療費を国民健康保険に請求し支払いを受けるために必要な書類です。委任欄に記入する場合は、傷病名・日数・金額をよく確認してください。
白紙の用紙にサインした場合の受診は支給対象外です。国民健康保険では、療養費の支給を行いません。

5.領収証をもらいましょう

領収証は必ずもらい大事に保管してください。
 

6.治療内容についてお尋ねすることがあります

 柔道整復師の請求の中には、健康保険の対象とならない治療の請求や不適切な請求も一部に見受けられますので、点検機関より電話または文書で、負傷原因、治療年月日、治療内容などを照会させていただくことがあります。
そのため受診の記録(負傷部位・治療日・治療内容など)、領収証を保管し照会がありましたらご自身で回答書に記入されるようお願いします。
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 国民健康保険課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-3202   FAX:098-974-6764

ページのトップへ