ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

物流ネットワーク

沖縄を拠点とする国際ネットワーク

各地からの荷物をいったん那覇に集約

那覇空港は3,000mの滑走路を有し、国内19都市をはじめ、台北、ソウル、上海、マニラを結ぶ充実した空のネットワークを形成し、日本の「空の玄関」の役割を果たしています。

今後、政府の発表した「アジア・ゲートウェイ構想」や全日本空輸(ANA)の「アジア向け貨物の中継基地化」などを受け、沖縄県がアジア・太平洋地域の国際物流拠点となることが期待されています。

航空路図

海路

国債流通港湾機能の充実を目指す那覇港

那覇港は、東京、名古屋、大阪及び博多など、日本の主要都市を中心にした24の国内航路網と地理的優位性を活かし、国際的物流拠点の集積を図ります。

また、国際コンテナターミナル直背後の物流用地7.8haに国際物流関連産業の集積を促進、那覇港国際コンテナターミナルとの相乗効果を高めていくこととしています。

海上航路図

このページは経済部 産業政策課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 西棟1階
TEL:098-923-7611   FAX:098-923-7623

ページのトップへ