ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

今、なぜ沖縄か

Q. なぜ沖縄に注目が集まるのか

沖縄県は、年間約500万人の観光客が訪れるなど快適な自然環境に恵まれ、また、半径2,000kmの圏内には東京や大阪のほか、上海、香港、台北、ソウル、マニラなどが位置し、東アジアの主要都市と我が国の結節点として地理的に有利な位置にあります。

沖縄県では、このような地理的特性や快適な自然環境を活かし「平和で安らぎと活力ある沖縄県」の実現を目指し、民間主導の自立型経済の構築、アジア・太平洋地域の発展に寄与する地域の形成、大学院大学を中心とした世界的水準の知的クラスターの形成、安らぎと潤いのある生活空間の創造に向け、国と密接に連携した諸施策を推進しています。

この中で、民間主導の自立型経済の構築を推進するための具体的施策として、現在、我が国で検討されている規制緩和を中心とした構造改革「特区」の概念を遥かに越えた『特別自由貿易地域』、『情報通信産業特別地区』、『金融業務特別地区』など、企業の立地にとって最も有利な優遇措置などが盛り込まれた一国二制度的な『特区』が設置されています。

このような、国と連携した取り組みにより、県内にはコールセンターを中心とした情報通信関連企業が急速に集積しているほか、製造業関連では、先端技術型ベンチャー企業やコスト削減のためやむを得ず海外進出を検討している中小企業、海外に進出したがより付加価値の高い事業展開を国内で再検討している企業などから高い関心を呼び、具体的に立地を検討する企業からの問い合わせ、視察・訪問などが増えております。

また、金融業務関連においても、特区における受け皿施設の整備などに伴い、今後の立地が大いに期待されております。

このページは経済部 産業政策課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 西棟1階
TEL:098-923-7611   FAX:098-923-7623

ページのトップへ