ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページ市政・財政・議会・選挙・統計・基地・公売等市政・計画・行革 > 琉球大学及び名桜大学との地域における雇用創出・若者定着に係る協定書の締結について

琉球大学及び名桜大学との地域における雇用創出・若者定着に係る協定書の締結について

最終更新日:2017年06月08日

 平成29年3月29日、うるま市と国立大学法人琉球大学及び公立大学法人名桜大学は、地域における雇用創出・若者定着の推進を図ることを目的とした協定書を締結いたしました。



 協定書では、本市による「うるま市まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び平成27年度に文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択された琉球大学及び名桜大学による「新たな地域社会を創造する『未来叶い(ミライカナイ)プロジェクト』事業」を推進するため、うるま市における雇用創出・若者定着に関する目標を定め、その達成を図ることを目的としています。

 協定書の目標については下記のとおりとなっています。

 ①各種雇用施策によるうるま市おける就職者数1,413人(平成31年度)
 ②インターンシッププログラム年間10人以上の受け入れ
 ③両大学の新規卒業生から市内への就職3人以上増加(平成31年度)
 ④事業期間中に新規事業として創出された雇用への就業2名以上


 協定書の締結を機に、地域の課題や雇用関連の情報について共有を図り、教育・人材育成や、既存産業の活性化と新産業の創出に向けた取り組みなどについて連携して実践することにより、若い人材の確保や新たな雇用の場の創出、さらなる失業率の改善などに取り組んでいきます。

 「琉球大学及び名桜大学と地域のおける雇用創出・若者定着に係る協定書」はこちらより


☆琉球大学の学生を対象に、「現代沖縄の地域振興」について講義を実施しました!

 協定書締結の取り組みの一環として、平成29年5月17日(水)琉球大学において、学生を対象とした地域創生科目「現代沖縄の地域振興」での講義を実施しました。

 
 
 講義では、市企画政策課よりを講師として職員を派遣し、うるま市の紹介や地域課題、課題を解決するために取り組んでいる様々な地域振興策について説明を行いました。また、市のまちキャラ「うるうらら」にも登場してもらい、うるま市のPRを行いました。

 
 
 学生からは、「うるま市を好きになった。今度、うるま市に行ってみようと思った。」という声や「自分の住んでいる地域についても、もっと興味を持って調べてみようと思った」、「うるま市の様々な取り組みが聞けて良かった。もっと情報発信を強化してはどうか」など、活発な意見が寄せられました。
 今後についても、大学と連携し、学生に地域へ興味を持ってもらい、新たな雇用創出や地元定着を図るための取り組みを実施してまいります。
 

このページは企画部 企画政策課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟3階
TEL:098-973-5005   FAX:098-979-7340

ページのトップへ