ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

野外焼却の禁止について

最終更新日:2017年03月06日

野外焼却は禁止されています!

廃棄物処理法では、「焼却禁止の例外」を除き、何人も廃棄物を焼却してはならないと厳しく規制しています。そのため、家庭や事業場から出た廃棄物を野焼き又はドラム缶や一斗缶などで焼却することはできません。また、小型焼却炉であっても、法で定められた構造基準を満たさないものは使用できません。


 

罰則について

野外焼却は直罰の対象となり、5年以下懲役もしくは1,000万円以下の罰金又はこの併科、法人はさらに両罰規定で3億円以下の罰金に科せられます。
 

焼却禁止の例外

廃棄物処理法に定められた処分基準に従って行う場合 ・下図「廃棄物焼却炉の法定基準の例」を参照
※産業廃棄物処理施設(法第15条第1項)の場合、例示以外の基準も適用されます。
他の法令又はこれに基づく処分により行う場合 ・家畜伝染病予防法に基づく死体の焼却など
・あへん法によるあへんの焼却など
次に挙げるもので、公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である場合 国又は地方公共団体がその施設の管理
 を行うために必要な焼却
河川敷の草焼き、
道路敷の草焼きなど
② 震災、風水害、火災、凍霜害その他の
 災害の予防、応急対策又は復旧のため
 に必要な焼却
災害等の応急対策、火災予防訓練など
③風俗習慣上又は宗教上の行事を行うた
 めに必要な焼却
「しめ縄、門松等」を焚く行事など
④農業、林業又は漁業を営むためにやむ
 を得ないものとして行われる焼却
焼き畑、あぜの草及び下枝の焼却、魚網にかかった魚介類の焼却など
⑤たき火その他日常生活を営む上で通常
 行われる焼却であって軽微なもの
落ち葉焚き、キャンプファイヤー

※例外規定に該当する焼却であっても、近隣への迷惑になる場合は、行政指導の対象になることがあります。


 
 

このページは市民部 環境課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 西棟地下
TEL:098-973-5594   FAX:098-973-6065

ページのトップへ