ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報子育て・保育こどもの予防接種 > DT(ジフテリア・破傷風)予防接種

DT(ジフテリア・破傷風)予防接種

最終更新日:2016年05月09日

(DT:ジフテリア・破傷風)は、これまで夏休み期間中に集団接種を行っていましたが、平成28年度4月から個別接種に変更となりました。11歳を迎えた方にその都度案内を行っております。
母子(親子)手帳をお持ちになり、体調の良い時やご都合に合わせて医療機関で対象期間内に接種をしてください。

※DTは、DPT(3種混合ワクチン)の第2期として11歳以上13歳未満の間に接種するものです。


 

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。

破傷風

破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が、傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体内で増えると、の出す毒素のために、口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、治療が遅れると死亡することもあります。患者の半数は本人や周りの人では気がつかない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。また、お母さんが抵抗力(免疫)をもっていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

副反応

予防接種と聞くと副反応が心配と消極的になっておられる方もいるようですが、その病気にかかった場合と比較してよく考えてみてください。現在日本で使用しているワクチンは、世界の中でも優秀なもので、副反応の頻度も少ないものです。 

しかし、人間の体の性質は一人一人違いますから、副反応の出る人も出てきます。程度はいろいろですが、大切なことは、お子様の体のことがよくわかったかかりつけの先生に、体調をよく診ていただき、接種をしていただくのがいちばん良いと思います。

1981年に百日せきワクチンが改良されて以来、日本のワクチンは副反応の少ないワクチンになっています。頻度に程度の差はありますが、初回接種1回目のあと、7日目までに約10.9%、追加接種後7日目までに約36.7%認められます。DT2期では接種部位の発赤・腫脹(はれ)、硬結(しこり)などの局所反応が主で、7日目までに約31.1%認められます。なお、硬結(しこり)は少しずつ小さくなりますが、数ヶ月残ることがあります。特に過敏な子で肘をこえて上腕全体が腫れた例が少数あります。通常高熱は出ませんが、接種後24時間以内に37.5℃以上になった子がDPTワクチンでは約0.3%、DTワクチンでは約0.1%あります。重い副反応はなくても、機嫌が悪くなったり、はれが目立つときなどは医師に連絡して相談してください。
 

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ