ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

景観施策の取組状況

景観条例施行後

平成23年度 平成23年7月1日から「うるま市景観条例」が施行されました。
建築、開発行為等を行う際は、「うるま市景観計画」並びに「うるま市景観条例」をご確認の上実施して下さい。また、景観計画において、重点地区の一つとしてあげられている「勝連城跡及び海中道路周辺地区」について、地域の景観づくりの方向性の検討を具体的に行いました。
平成24年度 「うるま市景観計画」において重点地区の候補の一つとなっている「勝連城跡及び海中道路周辺地区」について、平成23年度に引き続き、地域の景観まちづくりの方向性の検討を具体的に行いました。
そして世界遺産「勝連城跡」のお膝元である勝連南風原地区において、地域のまちづくりのルールを定めた「かっちん南風原景観まちづくり計画(案)」を作成しました。
平成25年度 世界遺産「勝連城跡」のお膝元である勝連南風原地区において、昨年度「かっちん南風原景観まちづくり計画(案)」を作成しました。
今年度はその計画案を基本としながら、その計画の中身(ルールづくり)について地域検討会等にて更に深く話し合い、必要な事項等については新たに計画へ追加、または見直し・修正の検討を行いながら、「景観地区」の指定の基準(案)を作成しました。
また重点地区の候補の1つである勝連浜比嘉島にて、景観に関する取り組みを開始しました。
「第2回うるま市景観賞」を開催し、応募の中から特に優良だった作品・活動等について表彰を行いました。
平成26年度 今年度は勝連南風原地区において、景観法に基づく「景観地区」(都市計画決定)の指定を実施する予定でしたが、必要な法定協議等が間に合わなかったため、次年度に実施することとしました。
「景観地区」として指定されますと、これまでのうるま市景観計画の基準は適用されず(一部の地区や行為を除く)、新たに地区独自のものが適用されることになります。
勝連浜比嘉地区については、昨年度に引き続き景観に関する取り組み(住民検討会や県内視察等)を実施しました。
平成27年度 平成26年度内に実施する予定であった勝連南風原地区の「景観地区」について、必要な法定協議等(沖縄県との協議、景観地区条例の議決等)を経て、平成27年10月1日に指定することとします。
また、取り組みから3年目を迎える勝連浜比嘉地区について、南風原地区に続く「景観地区」の指定を念頭に置いた、具体的な島の景観形成基準の検討を開始します。今年度は「第3回うるま市景観賞」の開催を予定しており、過去2回以上の盛り上がりとなるよう取り組んでいきます。

景観条例施行前

平成19~22年度

平成19年度 景観基礎調査を実施し、本市の景観資源などを調査しました。併せて市役所庁内若手有志で構成する「うるま市風景づくり庁内ワーキンググループ」を立ち上げ、うるま市の景観について検討を開始しました。
平成20年度 市民の皆様の景観に対する意識醸成をはかるため、「景観かわら版」を全世帯へ配布しました。
併せて市内3000世帯へ景観アンケート調査を実施し、景観に関するご意見をいただきました。
平成21年度 平成21年8月17日、うるま市が景観法に基づく「景観行政団体」と なることに対して、沖縄県より同意を得て、平成21年10月1日から正式に景観行政団体となりました。
景観行政団体になることで、法に 基づく景観計画の策定、条例の制定を行うことができます。今年度からうるま市の景観施策を牽引する「うるま市景観計画」の策定に着手し、市民会議、地域住 民ワークショップ、庁内検討会議等を重ね、「うるま市景観計画(素案)」を作成しました。
平成22年度  平成21年度に作成した「うるま市景観計画(素案)」をもとに、市民会議、庁内検討会議等において更なる検討を重ね、合わせて地域住民説明会、パブリッ クコメント等を実施し、この度景観法に基づく「うるま市景観計画」を策定いたしました。また、計画の策定とあわせて、本市の景観づくりを推進するため、 「うるま市景観条例」を制定いたしました。

このページは都市建設部 都市政策課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町 うるま市役所うるま市役所 西棟2階
TEL:098-923-7620   FAX:098-923-7604

ページのトップへ