ライフイベントから探す

  • 転入(市外からの引越し)
  • 転居(市内での引越し)
  • 転出(市外への引越し)
  • 婚姻
  • 妊娠・子育て
  • 出生
  • 離婚
  • 就職・退職
  • マイナンバー
  • おくやみ

トップページくらしの情報介護・高齢者福祉介護保険事業計画・調査等 > うるま市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画

うるま市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画

最終更新日:2021年03月29日

うるま市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画

 介護保険の適正化を図るため、3年を1期とし「介護保険事業計画」を定めることが介護保険法で示されております。一方、高齢者が安心して住み慣れた地域で生活を送るために必要な施策を総合的に掲げる計画として「老人福祉計画」を定めることが老人福祉法において定められており、これら2つの計画は一体的に策定することとされています。
 介護保険事業の第5 期計画(平成24 年度)からは、団塊の世代が後期高齢者へ移行することで高齢化が一段と進む平成37 年(2025 年)に向けた取り組みとして、「地域包括ケアの推進」を掲げ、第6期計画(平成27 年度)からは、「地域包括ケアシステムの構築」として、「介護」、「介護予防」、「医療」、「生活支援」、「住まい」が一体的に提供される体制づくりが示されました。
 前回策定の第7 期計画においては、第6 期計画で本格的に取り組みが始まった「地域包括ケアシステムの構築」から「地域包括システムの深化・推進」を図り、元気な高齢者も介護が必要な高齢者も、一人ひとりが地域で安心して暮らすための支援体制づくりを進めているところです。
 本市では、このような介護保険制度の変遷に基づきながら、特に医療と介護の連携強化、望まれる介護サービス等の提供体制の充実、介護予防の強化、認知症対策を4つの重点施策として取り組んでいます。第8期においては、これまでの取り組みを継承するとともに、介護離職問題、医療療養病床の削減に伴う介護サービスの需要増、人材の確保対策、地域共生社会の実現、重症化防止なども盛り込みながら、地域包括ケアシステムの深化・推進を計画的・効果的に展開するため、本計画を策定しています。


●計画期間 令和3年4月~令和6年3月
●策定月  令和3年3月

 

計画書(全体一括)


① うるま市高齢者福祉計画・第8介護保険事業計画書
  ※全体一括版で容量が大きいため、ダウンロードに時間がかかる可能性があります。

計画書(分割版)

① 表紙、あいさつ、目次
② 第1章 計画策定にあたって
③ 第2章 本市の高齢者を取り巻く状況や課題
 第3章 第7期計画の取り組み状況
⑤ 第4章 計画の基本的な方向
⑥ 第5章 高齢者福祉計画の具体的な施策
⑦ 第6章 介護保険事業計画
⑧ 第7章 日常生活圏域別の現状と具体的な取り組み
⑨ 第8章 計画の推進について
⑩ 資料編

 

高齢者実態把握調査について

① 高齢者実態把握調査報告書



 

第7期 介護保険事業計画の自己評価結果について

 
 第7期 介護保険事業計画にて「高齢者の自立支援・重度化防止等に係る実績評価」に取り組むこととしています。
その取り組みの評価は以下のとおりです。
 「取組と目標」に対する自己評価シート
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは福祉部 介護長寿課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-973-3208   FAX:098-982-6041

ページのトップへ