ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

障害者虐待防止法

障がい者が家族や施設などの職員、会社の事業主から「虐待」を受けることが大きな社会問題となっており、平成24年10月「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が施行されました。

障害者虐待防止法とは?

障がい者虐待の防止や早期発見・早期対応、家族などの養護者に対する支援を充実すること等により、障がい者の尊厳の保持、自立や社会参加の促進を図り、権利利益を養護することを目的としています。

対象となる障がい者は?

身体障がい、知的症がい、精神障がい(発達障がいを含む)のある人、その他心身の機能の障がいのある人で、障害や社会的な障壁によって、日常生活や社会生活が困難で援助が必要な人が対象となります。(障害者手帳を所得していない人や18歳未満の人も対象になります。)

障がい者虐待とは?

「養護者による障がい者虐待」、「障害者福祉施設従事者等による障がい者虐待」、「使用者による障がい者虐待」の3種類に分けています。

こんなことは障がい者虐待になります!

「身体的虐待」、「性的虐待」、「心理的虐待」、「放棄・放任(ネグレクト)」、「経済的虐待」があります。虐待は絶対あってはならないことですが、虐待と気づかないまま起きているおそれもあります。

  • 特定の人や家庭、場所ではなく、どこの家庭でも起こりうる問題です。
  • 虐待している人に、虐待している認識がない場合があります。
  • 虐待をされている人が虐待と認識できないで、自分から被害を訴えられない場合があります。

そのため、虐待を防ぐためには、市民一人ひとりがこの問題を認識して、小さな兆候を見逃さずに早期に発見することが大切です。

障がい者虐待を発見したら
虐待を受けてお困りの障がい者の方は

障がい者の虐待や養護者の支援に関する相談、通報、お問い合わせは下記まで

【うるま市役所障がい福祉課】

電話:098-973-5452 FAX:098-973-5103

※虐待に気づいた人には、市町村窓口への通報義務があります。安心して暮らせる社会づくりや早めの対応・支援が、虐待されている障がい者だけでなく、虐待している家族などが抱える問題の解決にもつながります。あなたのご協力をお願いします。(秘密は厳守されます)

このページは福祉部 障がい福祉課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-5452   FAX:098-973-5103

ページのトップへ