ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報介護・高齢者福祉介護保険 > 新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴う要介護認定申請の臨時的取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴う要介護認定申請の臨時的取り扱いについて

最終更新日:2020年08月11日

臨時的な郵送による申請手続きについて

現在、沖縄県内の新型コロナウイルス感染者数が急速に増加しており、本市では新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、介護認定に関する申請について原則郵送による申請手続きとします。
令和2年8月5日時点では窓口に来所された場合でも受付は行っておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、なるべく人と人との接触を控えることを目的とし、郵送での申請手続きとしています。皆様のご協力をお願いいたします。なお、今後の状況次第で窓口での受付をお断りする可能性もございますので、ご了承ください。

郵送による申請が可能な手続きは下記のとおりとなります。
●要介護認定・要支援認定申請(新規、更新、区分変更)
 ※新規の方は、申請後、電話聞き取りにて状況や希望されるサービスを詳しくお聞きします。
 ※区分変更の方は、事前にケアマネージャーとご相談の上、申請されて下さい。申請後、電話聞き取りにて、前回の調査時からの変化をお聞きします。区分変更の結果、現在の介護度が変わらない場合や介護度が下がる場合もあります。
●認定情報の情報開示(事業所)※ケアプラン作成用

対象期間
令和2年8月31日まで
※上記の期限は新型コロナウイルスの影響次第では延長する場合もあります。

送付先
〒904-2292
沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号
うるま市役所 介護長寿課 介護認定係

要介護認定・要支援認定申請について

要介護認定・要支援認定申請の手続きは下記のとおりです。

①要介護認定・要支援認定申請書(様式1)または区分変更申請書(様式2)をダウンロード
②認定申請書(様式1)または区分変更申請書(様式2)に必要事項を記入し、うるま市役所介護長寿課あてに郵送して下さい。
 ※記入の仕方については、記入例をご参照ください。なお、区分変更申請については申請理由の記入も必要となります。
 ※40歳から64歳の方については、申請書へ特定疾病等の記入および医療の保険証の写しの添付が必要となります。
③市役所へ郵送で届き次第、随時申請者または提出代行者へ連絡し、対象者の聞き取りを行います。
 ※申請書をポストへ投函した日から10日以内に連絡がない場合は、申し訳ございませんが、介護長寿課介護認定係(TEL:098-973-3208)までご連絡ください。
④上記③以降の流れについては通常の申請同様に調査・審査会等を行い、介護度を決定します。

●要介護認定・要支援認定申請書(新規・更新)(様式1)
●要介護認定・要支援認定区分変更申請書(様式2)
●申請書記入例

※申請書等に不備(記入漏れや必要書類の添付がない等)があった場合、受付ができません。郵送する前には再度確認をお願いします。

※申請日は、消印有効とします。なお、消印日が土、日、祝日に当たる場合は、消印日以降の最初の開庁日(市役所が開いている日)とします。ただし、申請書等に不備があった場合には必要書類がそろった日を申請日とします。

※上記③での対象者の聞き取りで、申請者または提出代行者へ連絡がつかない場合は、正式な申請受理が行えないため、申請が無効となる可能性があります。
 

要介護認定情報等の情報開示について

要介護認定情報等の情報開示に係る手続きは下記のとおりです。

①情報開示に係る申請書(事業所用)(様式3)をダウンロード
②申請書に必要事項を記入し、返信用封筒(定形最大サイズ(23.5cm×12cm))及び94円切手を添付のうえ、うるま市役所介護長寿課あてに郵送 ※返信用封筒には宛て名を記載し、かつ切手は貼った状態で郵送してください。
③市役所へ届き次第、返信用封筒に情報開示資料及び情報開示に係るコピー代の納付書を同封し、申請者あてに郵送します。
④申請者は納付書が届き次第、納付期限日までに指定の銀行窓口にて納付して下さい。
 ※納付期限については基本的に申請日より1ヵ月後となります。詳しい納付期限日は納付書をご確認ください。
  納付書が届きましたら、可能な限り早めに納付するようお願いします。

●情報開示に係る申請書(事業所用)(様式3)

申請者別で様式及び添付資料が異なりますので、ご注意ください。内容は以下のとおりです。

【居宅支援事業所】
●申請書(様式3)
●介護支援専門員証の写し
●返信用封筒(定形最大サイズ(23.5cm×12cm))※宛て名記載
●94円切手※返信用封筒に貼った状態
●居宅届(すでに提出されている場合は除く)
●居宅の契約を締結した書類の写し(他保険者の場合)

【介護施設】
●申請書(様式3)
●介護支援専門員証の写し
●返信用封筒(定形最大サイズ(23.5cm×12cm))※宛て名記載
●94円切手※返信用封筒に貼った状態
●入居契約書の写し(すでに提出されている場合は除く)※原則契約書一式の写し

※県外事業所の場合、情報開示に係るコピー代の納付方法が異なります。うるま市役所介護長寿課介護認定係(TEL:098-973-3208)へお問い合わせ下さい。

要介護認定等有効期間合算について

 このたび、国より通知があり、新型コロナウイルス感染症の拡大を予防するため、要介護認定・要支援認定の有効期間に、12ヵ月間まで、うるま市が合算(「現在の介護度」の有効期間を延長)できることになりました。

●様式およびお知らせ
 ①要介護認定等有効期間合算申出書
 ②合算申出書記入例(親族)
 ③合算申出書記入例(ケアマネ(要支援))
 ④合算申出書記入例(ケアマネ(要介護))
 ⑤令和2年9月末有効期限の方へのお知らせ(1号)
 ⑥令和2年9月末有効期限の方へのお知らせ(2号)

●対象者(以下の①~③のすべてを満たした方)
 ①要介護認定・要支援認定の更新申請中の方(新規申請、区分変更申請は対象外)
 ②現在の状態が以前の調査の時と変わらず、現在の介護度で支障がない方
 ③認定調査が行われておらず、新型コロナウイルスの影響で調査が難しい方
 (例:施設に入居中だが、施設が立ち入り制限を行っており、調査が難しい等(自宅でも本人または家族の申し出で調査が困難の場合も含む))

有効期間の合算を行うには以下の手続きが必要となります。

【令和2年8月末有効期限までの方】
 ①認定調査がまだの方に対し、うるま市役所介護長寿課より本人または家族等へ電話連絡を行い、合算を希望の有無の確認します。
 ②合算を希望される場合は、介護長寿課より「要介護認定等有効期間合算申出書」を送付します。
 ③申出書の必要事項を記入し、同封の返信用封筒にて介護長寿課あてに返送して下さい。
 ④受付後、新しい介護保険被保険者証を送付します。(8月18日以降から随時発送)

【令和2年9月末有効期限の方】
 ①今後もサービスを利用予定の方は、送付されている申請書・合算申出書の必要事項の記入および必要書類を添付し、郵送または窓口(本庁介護長寿課、石川・勝連・与那城出張所)へ提出してください。
  ※申請書等に不備(記入漏れや必要書類の添付がない等)があった場合、受付ができません。郵送する前には再度確認をお願いします。なお、「要介護認定等有効期間合算申出書」が添付されていない場合は、通常の申請とみなします。
 ②申請書等必要書類の確認及び合算希望の確認が取れた方については、9月18日以降から随時新しい介護保険被保険者証を送付します。

【有効期間合算に係るお願い】
 ①お預かりした申請書と合算申出書は、8月末期限の方であれば8月18日以降、9月末期限の方であれば9月18日以降に受付し、順次新しい被保険者証を郵送します。特別な場合を除き、更新申請及び合算申出書の提出の有無や進捗状況の確認の電話はご遠慮ください。(合算に係る事務手続きが滞る可能性があります。)
 ②合算の申し出を行った後で状態に変化があるなどの理由で「やっぱり調査をしてほしい」「合算ではなく、通常の更新にしたい」という方は、担当ケアマネージャーと調整のうえ速やかにうるま市介護長寿課介護認定係(TEL:973-3208)までご連絡ください。合算申し出を取消して、通常の更新申請に変更します。
 
●国からの通知
 ①新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて
 ②新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)
 ③新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の取扱いについて(R2.4.27通知)
 

このページは福祉部 介護長寿課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-973-3208   FAX:098-982-6041

ページのトップへ