ライフイベントから探す

  • 転入(市外からの引越し)
  • 転居(市内での引越し)
  • 転出(市外への引越し)
  • 婚姻
  • 妊娠・子育て
  • 出生
  • 離婚
  • 就職・退職
  • マイナンバー
  • おくやみ

トップページ企画部企画政策課 > 海中道路開通50周年特設ページ

海中道路開通50周年特設ページ

最終更新日:2022年09月13日

 島民の悲願である海中道路が開通して50年になります。
約5㎞の『海中道路』は、離島文化の懸け橋であり、与那城村(現うるま市)の世開けの道路として、島民をはじめ、各種関係者の協力の下、開通しました。
 令和の現在では、うるま市島しょ地域住民の生活道路として、また、うるま市の一大観光スポットとして、知られています。

 この機会に海中道路の歴史について学んでみませんか。

 
イベントのお知らせ
※日時は変更になる場合があります。随時更新

海中道路開通50周年記念式典及び祝賀会
令和4年10月23日(日曜日)予備日 令和4年10月30日(日曜日)
(式典)
時間:14:00~16:00
場所:平安座西公園前 世開之碑

(祝賀会)
時間:17:00~20:00
場所:平安座南港湾野外ステージ広場


お問い合わせ先
海中道路開通50周年記念事業実行委員会
うるま市与那城平安座409‐2
TEL 098-977-8127(平安座自治会)


★海中道路の歴史★


干潮時には平安座島から本島まで約5キロメートル歩いて渡っていた。干満の状況を知らず数名の犠牲者が出ている。



1961年(昭和36年)島の住民自らの力で海中道路を建設。800メートルまで作り上げたが、同年9月、10月の台風で無情にも波に流され損壊した。



1971年(昭和46年)5月アメリカのガルフ社の出資によって、海中道路建設工事が着工された。工事の様子。



悲願であった海中道路建設の安全を祈願する島の住民。



平安座区民は完成前ではあったが、渡り始めとして4.7キロメートルをマイクロバスで20分かけて渡った。



海中道路建設着工から35日間で本島と平安座島が接続され、陸続きとなった。渡始めを見守る平安座区民。




平安座島から海中道路を望む(1971年)



海中道路開通、与那城村発展を「世開け」とし、昭和53年1月に建立された「世開の碑」。50周年記念式典はこちらの「世開の碑」前で開催される。



「世開の碑」建立に喜ぶ平安座区民。海中道路開通により、島民の未来が開けたと皆で喜んだ。




舗装された海中道路。まだ右側走行であった。




★海中道路の歴史★
 ・しまみらいbridge         
      
元与那城村長 奥田民正光さんの当時の貴重なお話し
 
 ・平安座自治会HP     
      
海中道路と共に歩んだ平安座島「世明け」のストーリー

  ・海中道路ー明日へ向かう道ー
  沖縄県HP
数々の苦難の歴史がある海中道路。改良工事を経て、現在の姿になるまでのお話し



★海中道路の今★

現在、島しょ地域住民にとって、なくてはならない生活道路である海中道路は、県屈指の観光スポットでもあります。
素晴らしい景観である海中道路の今をお楽しみください。 

ほぼ1分動画(海中道路)      
      

  ・海中道路・離島      
  
 
   ・道重さゆみと沖縄旅行       
      
 
    ・うるま時間
    

   

 

このページは企画部 企画政策課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟3階
TEL:098-973-5005   FAX:098-979-7340

ページのトップへ