トップ > 防災・安全 > 防災・防犯 > 防災 > 防災一口メモ > 【突風】ニンガチ・カジマーイ(二月風廻り)に注意

ページID:789

更新日:2023年12月7日

ここから本文です。

【突風】ニンガチ・カジマーイ(二月風廻り)に注意

平成18年3月に沖縄本島のダイビングスポットで、前線通過に伴う風の急変による遭難事故が発生しました。平穏で「なぎ」の海上の状態から、20メートルを超す突風が吹き、ダイバーが高波にさらわれました。幸いにも、全員無事救助されましたが、「海のレジャーは危険と隣り合わせ」ということを常に頭に入れて計画しましょう。

さて、沖縄では冬から春に移行する旧暦の二月頃、ニンガチ・カジマーイ(二月風廻り)と呼ばれる海の荒れる日があります。この時期には西高東低の冬型の気圧配置が緩み、台湾付近に低気圧が発生して沖縄地方を通過します。この低気圧は、発生後に急激に発達し、また移動速度が速いことから風の廻り(変化)が早く、強い風が吹き大荒れの天気になるという特徴があり、漁業関係者からは「台風に次ぐ荒れ日」として恐れられています。

ニンガチ・カジマーイ時の天気図例(平成17年3月3日)

沖縄気象台では、毎日の天気予報や注意報・警報のほかに、天気の急変が予想される場合には「強風と高波に関する気象情報」を発表し、ホームページでも公開しております。

海洋レジャーは、事故がないように天気予報を十分に確認して楽しみましょう!!

お問い合わせ先

企画部危機管理課

沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟3階

電話番号:098-979-6760

ファクス番号:098-979-7340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?