ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

応急手当

私たちは、いつ、どこで、突然ケガや病気におそわれるか予測できません。

このようなとき、病院に行くまで、家庭や職場でできる手当てのことを応急手当といいます。ここに、応急手当の方法を紹介します。
ここを読んでイメージをつかんでいただけたら、次はぜひ救命講習会に参加してください。

心肺停止の場合(成人)

1.反応を確認する

片方の手を額に当てもう一方の手で肩を軽くたたき「もしもし(名前)」とよびかける。

2.意識がない場合

助けを呼び、119番通報とAEDを取りよせる。

3.気道(空気の通り道)の確保

片手を額にあて、もう一方の手の人差指と中指の2本であご先を持ち上げ、気道を確保する。

4.呼吸を調べる

気道を確保した状態で自分の顔(ほほ)を相手の口、鼻に近づけ相手の吐く息を感じとる。(5~10秒かけしっかり確認)同時に胸、腹の動きを調べる。

※深くゆっくり(1分間に4~5回程度)した呼吸は有効な呼吸では無い

5.呼吸がない場合

人工呼吸を開始する。

  1. 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差指で鼻をつまむ。
  2. 口を大きくあけて相手の口を覆い、ゆっくりと約1秒かけて2回吹き込む。(吹き込み量は胸が軽く膨らむ程度)

6.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)に、片方の手の付け根を置き他方の手をその手の上に重ね、重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫する。(1分間に100回の速さで30回)

圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は胸がしっかり戻るまで十分に解除する。

7.人工呼吸2回、心臓マッサージ30回の継続

救急車が到着するまで、もしくはAEDが到着するまで繰り返す。
AEDを使用した場合はAEDのメッセージに従う。ない場合は救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続ける。

大出血時の止血法

体内には、体重の8%(体重60kgで4.8リットル)の血液が流れています。血液の20%が急速に失われると出血性ショック、30%を失うと生命に危険を及ぼすといわれています。

1.直接圧迫止血法

きれいなガーゼ、ハンカチなどで傷口に当て手で圧迫する。(感染防止のため、ゴム手袋やビニル手袋等を使って、直接血液に触れないよう注意する。)

2.ショックに対する応急手当

ショック症状とは

  • 目はうつろとなる。
  • 呼吸は速く浅くなる。
  • 脈拍は弱く速い。
  • 冷汗が出る。
  • 表情はぼんやりしている。(無欲状態)
  • 唇は紫色か白っぽい(チアノーゼ)
  • 体は、こきざみに震える。

ショックに対する応急手当

  • 傷病者を水平に寝かせる
  • 毛布等を膝の下に入れ、両足を30cmぐらい高くあげる。
  • ネクタイやベルトをゆるめる。
  • 毛布や衣服をかけ、保温する。

熱傷(やけど)に対する応急手当

熱傷の程度

  • I度…赤色になる
  • II度…水泡または、水泡が破れる。
  • III度…白くなる。

I度や狭いII度の熱傷は冷却する。

  • できるだけ早く、きれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす。
  • 十分冷やしてからきれいなガーゼを当てる。
  • 衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やす。
  • 水泡を破らないよう注意する。
  • 薬品を塗ってはならない。

広い範囲のⅡ度やⅢ度の熱傷のときは被覆する。

  • 広い範囲の熱傷の場合は、きれいなシーツ等で体を包む。
  • III度の狭い範囲の熱傷は、きれいなガーゼやタオル等で被覆する。
    重症の熱傷は、冷やすことに時間を費やさず、早く医師の処置を受ける。
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは消防本部が担当しています。

〒904-2224 沖縄県うるま市大田44番地1
TEL:098-975-2005   FAX:098-973-8313

ページのトップへ