ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

田場区自治会

最終更新日:2017年11月01日

  • 田場区自治会
  • 所在地 田場822番地1
    連絡先 TEL:098-973-6069 FAX:098-973-6070
    開館時間 午前8時30分~午後5時15分
    休館日 土・日・祝日・慰霊の日・旧盆・年末年始
    区内人口・世帯
    平成30年10月末現在
    人口:5,224人  世帯数:2,017世帯
  • 自治会の紹介

    当自治会は、ユニバーサルデザインを導入した、県内では初めてといわれている学童クラブを併設した公民館を、平成27年4月1日に立替建設し、当会が継続発展するためには、あらゆる分野に於ける「後継者育成」が喫緊の課題と位置付け鋭意取組んでいます。
    当会は、金武湾に面し、一部地域ではあるが碁盤目状の道路を生かした、古い石垣とフクギに囲まれた住宅が残っている時代の風情を残している。又、伝統芸能が盛んな地域で、臼太鼓や獅子舞、ティンベー、古武術等が保存継承されており、平成11年8月には、ティンベーが無形文化指定を受けています。時の摂政羽路朝秀の政策に触れた琉球古典音楽の創始者「湛水親方賢忠」が一時蟄居を命じられた仮住まいの地でもあります。
    田場は、戦後沖縄の教育発祥の地である。終戦直後、文教学校や警察学校、工業・農林学校、外語学校が設立され、沖縄の教育、文化の中心地としての役割を担い、幾多の俊才を世に送り出している。(名嘉山兼宏著具志川地名散歩)
    現在、当会は、人口が5,032人とうるま市で最も大きく、田場小学校、具志川東中学校、沖縄高等特別支援学校、中部農林高等学校、前原高等学校と教育発祥の地として発展しています。具志川、上江洲、赤野、安慶名、みどり町、平良川自治会と境界を接し、サンエー、かねひで、ビック、ダイレックス等の大型店舗、バスターミナル、病院があり、住環境に適した地域で、年々人口が増加の一途を辿っています。
    県内各市に於いて、コミュニティ活動・自治会活動・自治会加入者・負担金納付者が減少している状況です。各自治会が活性化することはうるま市発展に繋がり、うるま市の発展は各自治会活動が活発になることだと思います。

お知らせ

★ 自治会では公民館施設(ホール、会議室、調理室等)のほか、備品(イス、テーブル、テント等)の貸し出しも行っ
  ています。詳細は自治会へ直接お問い合わせください。

年間行事予定

5月 定期総会
7月 役員研修
8月 盆踊りの夕べ
9月 敬老会
11月 慰霊祭、区民ウォーキング
1月 新春マラソン&餅つき会、新年会
  ★ 田場区公園清掃(2か月に1回)、田場ガー清掃(年2回)、おきなわマラソン沿道応援、旧7月15日拝み、旧8月15夜祭等、
  ミニデイ(毎月第2火曜日)
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民協働課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟1階
TEL:098-973-5487   FAX:098-974-6764

ページのトップへ