ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 学校教育
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  •  就職・退職
  • 高齢者・介護
  • おくやみ

トップページくらしの情報子育て・保育母子の健康に関すること > 産婦健康診査の公費助成について

産婦健康診査の公費助成について

最終更新日:2019年04月01日

産婦健康診査について

産婦健康診査とは、出産後まもない時期のお母さんのこころとからだの健康状態を確認する健診です。

出産は、新しい家族が増えるとても喜ばしいイベントです。その一方で、出産、育児によって環境が大きく変化
します。こころとからだの負担は大きく、産後の不調や育児の不安や悩みを抱えるお母さんも少なくありません。
うるま市では、産後間もない母と子に対する切れ目のない支援のため、産後2週間前後と、産後1カ月前後の
産婦に対する健康診査の費用の一部を助成します。
 

 
対象者

・産婦健診受診日にうるま市に住民登録があり、
平成31年4月1日以降に出産した方で、産後8週以内の産婦
※うるま市から、産婦健康診査を実施していない市町村に転出された場合は、うるま市から交付された
受診票を使用することができません。転出先の市町村へお問い合わせください。
 

健診内容と回数
 
 

・問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、赤ちゃんへの気持ち質問票、エジンバラ産後うつ病質問票、
育児支援チェックリスト
・産後2週間前後と4週間前後に1回、合計2回
 

助成額/公費負担額

・1回につき5,000円が上限
※上限を超えた額については、自己負担となります。ご了承ください。
※赤ちゃんの1か月健診等、受診票に記載のない健診、治療、投薬等については、助成対象外となります
(受診者負担)
 

受診方法
 

・「産婦健診受診票」と「親子(母子)健康手帳」を、うるま市が委託している産科・産婦人科医療機関及び
助産院の窓口に提出のうえ、受診してください。
 

実施医療機関(必ず、事前に医療機関等へ連絡のうえ受診ください)

・指定医療機関があります。
産婦健診実施医療機関・助産院一覧表(平成31年11月時点)
 

産婦健康診査受診票の交付について
・平成31年4月1日以降に妊娠届け出をされる方
親子(母子)健康手帳交付時に、窓口において産婦健康診査受診票を交付します。

・平成31年3月31日までに妊娠届け出がお済みの方で助成対象の可能性がある方
5月末までに、ご自宅に受診票の送付を予定しています。
 
注意点

・一覧表に記載のない医療機関、助産院で受診される場合は、助成できません。ご了承ください。
・里帰り先で産婦健康診査を受診される場合は、事前にこども健康課にご連絡ください。
・これまで医療機関で実施されていた「産後健診」とは、内容が異なります。公費助成の対象となる「産婦健康診査」
は、上記にある実施内容を全て受ける必要があります。
(詳しくは、医療機関でご確認いただくか、下記までお問い合わせください)
 ・公費負担の対象外となる場合(うるま市外への転出、産後9週以降に受診等)、産婦健康診査費用は全額自己負担
となります。ご了承ください。

このページはこども部 こども健康課が担当しています。

〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号うるま市役所 東棟2階
TEL:098-989-0220   FAX:098-979-7026

ページのトップへ